風俗勤務の給料に税金はかかるの?

風俗の給料に税金はかかるのか?やはり払わなければならない? - 風俗勤務の給料に税金はかかるの?

風俗勤務の給料に税金はかかるの?

jydtjydt
風俗でもらえるお金はかなり高額です。
そのお給料には税金はかかっているのでしょうか。

税金については難しい?

キャバクラ、水商売、風俗での仕事では手渡しで、その日にお給料がもらえる音が多いでしょう。手取りでもらったお金は全て自分のものだと思ってしまいがちなのですが、それは実際は脱税していることになりますので、摘発されれば、場合によっては追徴課税を支払うことになります。税金は自分には関係がないと思っている人もいるかも知れないのですが、実際は確定申告が必要なのです。風俗で支払ってもらったお給料は税金が惹かれていないということを理解しておきたいですね。確定申告をしなければ、国税局、税務署の調査員が、家にやってきて、家宅捜索をすることになります。そして例えば所有している家、マンション、ブランド品などを差し押さえることになるのです。そして先ほどの追徴課税額は巨額になり、税金の支払いなどを言われることになりますので、しっかりと税金を納めなくては行けません。

店に雇われているけれど個人事業主としての役割

キャバクラや風俗で働いている人は、店に雇われているのですが、実際はその店の従業員としての扱いではありません。サラリーマンなどは、その会社に雇われているので従業員ということになります。しかし個人事業主という扱いになるのが風俗で働いた場合の所属ですので、フリーランス、つまり確定申告なども自分で行う、そして保険なども自分で入ることになるのです。従業員ではなくて、個人事業主の自営業になるということになります。

確定申告がわからない人へ

確定申告がわからない人ももしかするといるかもしれません。これまでアルバイトで働いてきたという人にとっては、源泉徴収されているお給料を受け取っていたことになりますので、確定申告を自分でしたことがないという人はきっと多いでしょう。個人事業主の風俗の仕事は確定申告が必要であるということを理解しておきましょう。個人事業主として所得を得ている場合には、1月1日から12月31日の間の1年間の収入で考えます。自分がいくらくらい稼ぎ、いくら税金を支払わなければいけないのか計算をして、きちんと申告と納税をする必要があります。確定申告はその一連の流れをだいたい2月から3月にかけて行うことをいいます。

【特集】
風俗はこれだけ給料もらえる!

確定申告は損するだけではない

確定申告というのは損をするシステムではありません。確かに手に入ったお金から税金をあとで払わなければいけないので、一見してみると、損をするシステムと思いがちなのですが、損をするわけではないのです。お金が戻ってくることもあるのです。会社員であっても、先に税金を徴収されているので、それを後にするだけの話なのです。メリットとして、お金が戻ってくるケースもあります。例えば仕事のために購入した費用、交通費や美容代も、風俗で働いている場合には戻ってくることがあります。所得証明、納税証明がもらえますので、風俗で仕事をしているというだけでも、一人前の社会人であるということが証明されます。

自己責任

風俗の場合は全てお金の管理は自己責任となります。そのためにお店は何もしてくれないのです。風俗店は一般の会社みたいに給料、税金など計算をした上で勝手に納税をしてくれるのですが、風俗の場合はそれらを一人でやらなければいけません。確定申告をするようにと伝えることもないので、自分でやらなければいけないのです。
風俗給料では税金が引かれていませんから、自分で支払うようにしなければいけません。